【年金】『特別支給の老齢厚生年金』について

ライフプランニング

年金手帳を持つお婆さん

ソム子「65歳になる前にもらえる『特別支給の老齢厚生年金』っていうのがあるって聞いたんだけど、私ももらえるのかしら?」

こういった疑問に答えます。

本記事のテーマ

特別支給の老齢厚生年金について解説しています。

年金は基本的に65歳から受け取れますが、60歳〜65歳の間に『特別支給の老齢厚生年金』がもらえる方がいるのはご存知でしょうか?

特別支給の老齢厚生年金とは?

猫

日本の厚生年金制度である労働者年金保険法は1941年に公布されました。この時の支給開始年齢は55歳でした。1954年には法律改正があり、支給開始年齢は55歳から60歳に変更されました。更に1985年の法律改正により、1994年から支給開始年齢は現在の65歳に引き上げられました。この時、「急にそんなこと言われても困るよ〜」っていう不満を解消する為に設けられたのが『特別支給の老齢厚生年金』です。

『特別支給の老齢厚生年金』は、その名の通り厚生年金の一種なので、厚生年金を(1年以上)納めていた人が対象になります。その他にも受給要件があって、男性の場合は1961年(昭和36年)4月1日以前に生まれた人女性の場合は1966年(昭和41年)4月1日以前に生まれた人で、老齢基礎年金の受給資格期間(10年)を満たしている人が、特別支給の老齢厚生年金をもらえます!

『特別支給の老齢厚生年金』の受給要件

  • 60歳以上65歳未満である
  • 男性の場合は1961年(昭和36年)4月1日以前生まれ
  • 女性の場合は1966年(昭和41年)4月1日以前生まれ
  • 老齢基礎年金の受給資格期間(10年)を満たしている
  • 厚生年金の加入期間が1年以上ある

特別支給の老齢厚生年金を年金の繰上げ受給と勘違いして、申請しない人がいますが、特別支給の老齢厚生年金と繰上げ受給は別物で、65歳からの年金額が減ることは無いので、安心して申請してください。

特別支給の老齢厚生年金の支給開始年齢の引き上げ

特別支給の老齢厚生年金の支給開始年齢は、段階的に引き上げられています。

支給開始年齢 60歳
[男性]昭和28年4月1日以前生まれ
[女性]昭和33年4月1日以前生まれ

支給開始年齢 61歳
[男性]昭和28年4月2日〜昭和30年4月1日生まれ
[女性]昭和33年4月2日〜昭和35年4月1日生まれ

支給開始年齢 62歳
[男性]昭和30年4月2日〜昭和32年4月1日生まれ
[女性]昭和35年4月2日〜昭和37年4月1日生まれ

支給開始年齢 63歳
[男性]昭和32年4月2日〜昭和34年4月1日生まれ
[女性]昭和37年4月2日〜昭和39年4月1日生まれ

支給開始年齢 64歳
[男性]昭和34年4月2日〜昭和36年4月1日生まれ
[女性]昭和39年4月2日〜昭和41年4月1日生まれ

支給開始年齢 65歳
[男性]昭和36年4月2日以降生まれ
[女性]昭和41年4月2日以降生まれ

男性の場合は1961年(昭和36年)4月2日以降の生まれ、女性の場合は1966年(昭和41年)4月2日以降に生まれた方は、特別支給の老齢厚生年金をもらえません(泣)

特別支給の老齢厚生年金っていくらもらえるの?

特別支給の老齢厚生年金は、報酬比例部分定額部分の2つから成っていましたが、これから60歳を迎える方は報酬比例部分しかもらえないので報酬比例部分の計算方法を見ていきましょう。

報酬比例部分の年金額

報酬比例部分=A+B
A=平均報酬月額(※1)×7.125/1000×2003年3月以前の被保険者期間の月数
B=平均報酬月額(※2)×5.481/1000×2003年4月以後の被保険者期間の月数
※1 平成15年3月以前の厚生年金保険期間における平均月収額
※2 平成15年4月以後の厚生年金保険期間における平均月収額

なんかめんどくさいね😩
では、例として1983年4月〜2020年3月に厚生年金を納めていて、平均報酬月額がずっと30万円だった人について、いくらもらえるのか検証してみましょう。

1983年4月〜2020年3月に厚生年金を納めていて、平均報酬月額がずっと30万円だった場合
A=30万×7.125/1000×240ヶ月 A=513,000円 B=30万×5.481/1000×204ヶ月 B=335,437円
A+B=848,437円
✅1ヶ月平均:70,703円 ✅5年間の合計:4,242,185円

結構もらえるね😆 これはもらわないと損だね!

特別支給の老齢厚生年金の申請方法は?

特別支給の受給開始年齢の3ヶ月前に「年金請求書」が送られてくるので、忘れずに返送しましょう!

受給要件を満たしているのに申請していなかった場合は?

5年間はさかのぼって請求することが出来るので、すぐに年金事務所に問い合わせてみましょう。

まとめ

60歳〜65歳の間にもらえる『特別支給の老齢厚生年金』
生まれた年によって、いつからもらえるか変わってくるけど、もらえるものはもらっておきましょう! 尚、申請し忘れていても5年間はさかのぼれるので、もらい忘れていた人は早めに年金事務所に確認してみてくださいね。

雑記

国民年金は1961年(昭和36年)にスタートし、支給開始年齢は今と変わらず65歳からでした。この時の日本人の平均寿命は、男性65歳、女性70歳。現在で言えば、80歳から支給開始みたいな感じだったんですね・・・。ちなみに2050年には女性の平均寿命は90歳を超えると考えられています。今後、国民年金も厚生年金のように支給開始年齢が引き上げられて行くんですかね!?

Archive